時代小説「ひこま豚ひこ左衛門」第一章

第1章/流浪の旅へ

 

文政12年(1829年)、横浜村(現横浜市)の旗本「ひこま家」の長男として生を受ける。
幼名は順吉。ひこま家は1000石を有する裕福な家系で、順吉は親のスネをかじりつつも、父親が師範を努める「ひこま一刀流」の稽古にあけくれる毎日であった。

母親のお七は当時をこう回想する。
「父親に似て剣術が好きな子でしたが、何事も優柔不断というか、自分で決められないことが多かったですね。」ちなみに周囲からは「決めずの順吉」と呼ばれていたそうである。

天保8年(1834年:順吉8歳)アメリカ船モリソン号が浦賀港へ侵入する事件が起きて以来、天保14年(1843年:順吉14歳)にはイギリス船サマラン号が琉球・八重山を強行測量、翌年にはフランス船アルクメール号が那覇に入港するなど、諸外国の影がちらつき始める。

弘化元年(1844年)に15歳で元服した順吉は、名を「ひこ左衛門」と改め、これからの日本国の展望に期待と不安を覚えつつ、どう生きれば良いのか迷うばかり。
なかなか行動を起こさない彼に全国行脚を奨めたのは父であった。

弘化3年(1846年)、信濃(現長野県)で小さな剣術教室を開いていたひこ左衛門は、弟子の一人を迎えにきた姉・さきに一目惚れする。しかし初めて抱いた恋心。ひこ左衛門はなかなかさきに思いの丈を伝えることができない。ひこ左衛門とさきの間をとり持ったのは、さきの弟でひこ左衛門の弟子であるヨネスケであった。
なんとかさきと夫婦となったひこ左衛門は、剣術教室に加え、さきの実家から与えられた土地を耕し、作物を自ら得意先の宿場まで運ぶ、中馬と呼ばれる職に就く。
さきの回想録によれば「一緒にごはんを食べようにも、なかなか品定めができず、なんと優柔不断なんだろうと思いました」とのこと。それにしては一目惚れから結婚までは意外や早かった。

 
→第二章へ続く